cakephpのパス

以前にcakephpのパスがおかしくとなると書きましたがちゃんとした回避方法ありました。

× $html->link(“title”, “main/2”));

◯ $html->link(“title”, array(“controller” => “sites”, “action” => “main/2”));

配列でコントローラーから渡してやればパス問題はそんなに気にしなくていいようですね。
というか、全部配列固定でして、それ以外はエラーで弾いてくれればいいのに・・・。

ちょっと緩すぎてはまるケースが結構あるので関数の引数とかはガチガチのほうが好みかも。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です